額縁をお得に買おう!

MENU

額縁がお得に買える通販サイトはこちら

>>> 額縁.jp <<<

絵画と額縁の相乗効果

絵画の額縁というのは、とても大事なものと思っています。

 

額縁なしで、絵画だけでカッコいいという場合もあるでしょうが、

 

額縁によって、絵画の印象が大きく変化することもあります。

 

たとえば、昔の写実的な宗教絵画で、金縁の、彫刻をあしらった

 

気品高い額縁におさまっていると、それだけで格が上がる感じが

 

あります。ヨーロッパの国々の美術館を巡ると、そのような多くの

 

中世絵画に出会います。それらは宮殿や貴族の城の壁を飾った

 

美術品が多いから、額縁にもお金を惜しまなかったのだろうと

 

推測できます。私は昔の絵画も大好きですが、20世紀以降の現代

 

絵画も大好きです。新しい絵画の場合は、額縁はごてごてした感じ

 

ではなくて、あっさりとシンプルな単色の額縁がいいのではないかと

 

個人的には思っています。私の家の壁に飾っているいくつかの絵画は

 

抽象的なデザインが多いです。様々な色彩が格闘しているような

 

書きなぐったような絵画もあります。そういう激しい絵画には、

 

よりシンプルな黒いフレームの額縁、あるいは白いフレームの額縁

 

が似合うと思っています。

 

絵画の邪魔をしない額縁という言い方もできますね。

 

これは私の嗜好であって、妻はもっと派手な色の額縁も面白い

 

のではないかと言います。とにかく絵画と額縁は、相乗効果で

 

組み合わさるのが理想です。

 

 

 

 

 

額縁と石膏や真鍮の扱いについて

額縁の歴史の中では積極的に美しい素材が使われていた時期があります。そこでは主に金属製の額縁もありました。しかし、これらは非常に高価なために、現在では使用される機会も少なくなっています。

 

真鍮製の額縁は全ての商品を超えて美しさを放っています。これらはヨーロッパの豪華な宮殿などで用いられていた歴史があります。また、豪華な額縁には相応しい高価な絵が飾られていました。今では美術館などでこれらの額縁を見ることができます。

 

額縁の豪華さを残した石膏は、今でも一部で扱われています。この素材はヨーロッパ的な加工をするためにも重宝します。現在のオークションサイトなどを見ると、石膏でできた素晴らしい額縁をいくつも発見できます。これらは繊細な技術で加工されており、昔の額縁のスキルを再発見することが可能です。

 

石膏は真鍮は額縁の歴史を作ってきたものです。時代によって額縁の素材は変わっていきますが、常に人間が求めているのが美しい商品です。特に真鍮製の額縁は貴重になりましたが、コレクションなどには最適なアイテムです。こういった額縁を部屋に飾れば雰囲気は大きく変化します。

 

世界の額縁の魅力は尽きないものです。額縁は収集品としても優れており、様々なバリエーションを楽しめるのです。

更新履歴